ブランド品の買取額は保存状態にも影響される!

ブランド品の保存状態と査定額

使わなくなったブランド品の処分に活用されているのが、ブランド買取店です。ブランド品であるならば大半のものは買取ってもらえます。

しかし、同じ製品だとしても買取額は違うのはよくあることです。ブランド品買取の査定額が影響を受けるのは、ブランドやモデル以外にも保存状態の良し悪しがあります。

買取店では買取をしたブランド品は、中古品として販売するため新品に近い状態や未使用品は買取の金額が高くなります。お店で販売しても汚れていたり、傷がついていたりするとお客さんが買いたがらないのでこれは仕方のないことです。

このようなことがあるので、ブランド品を使用するときは丁寧に取り扱ったほうがいいです。それにブランド品を使用した後は、拭き掃除をしてきれいにしてから保管するようにしましょう。時計やバックなど、これだけのことでも数年後の状態には大きな違いが出ます。

ブランド品の査定を受ける前に

このことを踏まえて、ブランド品を買取店に査定に出すときは少しでも高く売れるようにきれいに掃除をしてからにしましょう。掃除をすると見た目が幾分かは良くなるので、査定で減額される金額を減らせます。

バックなら黒ずみや埃はきれいに落としておきましょう。乾いた布等で拭くのもいいですし、専用のクリーナーが販売されているので使ってみるのもいいかもしれません。

時計も同じく、文字盤の汚れを乾いた布で落としておきましょう。細かな部分は綿棒や爪楊枝を使うと便利です。金属のベルトはやわらかい歯ブラシと中性洗剤で汚れが落ちます。

ブランド買取で成功したいなら、複数の業者を見比べることが重要です。ブランド品の鑑定は無料ですから、複数の業者に依頼して比較しましょう。