誰に任せる?機械式時計のオーバーホールをする場合

メーカーに任せる場合のメリット

所有している機械式時計を作ったメーカーにオーバーホールを任せるメリットは多いです。何せ構造はもちろんのこと、使用されている部品や潤滑油に至るまで把握しています。そのため、よほどの酷い状態でもない限りは、確実に修理してもらうことができるでしょう。加えて、定期的にメーカーでのオーバーホールをしておけば、保証期間が延長されるケースもあるのです。そのおかげで戻ってきた機械式時計の調子が今ひとつなら、無料でオーバーホールをやり直してもらえるかもしれません。

ただし、費用が高くなってしまいがちで、メーカーの中には部品の交換や動作確認だけでも数万円の料金がかかることもあります。

街中にある時計屋さんやネット修理の場合

街中にある時計屋さんでも機械式時計のオーバーホールをしてもらえます。メーカーに依頼するよりも安くできる場合が多いので、こちらを利用しているという人も少なくないでしょう。しかし、最近の機械式時計はかなり複雑な構造をしていて、独自の技術を取り入れているところも珍しくありません。時計屋さんでは裏蓋を開けることもままならないこともありますから、事前に対応できるのかを聞いておきましょう。

インターネットサイトの中にも、機械式時計のオーバーホールを受け付けているところが存在します。土地代が安い地方で営業しているため経費がかからないといった理由から、時計屋さんよりもさらに安価になることが期待できます。しかし、強い衝撃に弱い機械式時計を宅配輸送するのが不安なら、利用しない方が無難です。もしも依頼するのであれば、衝撃吸収材と一緒に梱包するなどの工夫が必要です。

ウブロは、スイスの高級腕時計メーカーとして世界的に知られています。ヨーロッパのみならず、日本でも人気の高いブランドです。