腕時計は意外と汚れやすい!機械式時計の簡単なクリーニング方法

機械式時計を自分でメンテナンスしよう!

機械式時計は世界中のセレブから愛されているファッションアイテムのひとつです。しかし、普段あまり腕時計に興味がない場合、靴などのファッションアイテムのように汚れが付着し、メンテナンスが必要なものだとは想像がつかないかもしれません。せっかく購入した機械式時計なのですから、常にきれいな状態で使用してオシャレを極めましょう。

ケースと風防のメンテナンス

機械式時計でセルフメンテナンスをしたいのは、まずケースや風防でしょう。ピカピカの状態で使用するからこそリッチ感も漂うと言うものです。しかし、機械式時計は手垢やホコリなどが付着しやすく、ステンレスやガラスなどのマテリアルが使用されるケースや風防は輝きが減少します。汚れた場合はセーム革を使用して優しく拭き掃除すると多くの場合きれいな状態になるのでオススメです。セーム革がなければ、眼鏡拭きでも十分にメンテナンスできます。注意したいのが、水拭きや水洗いです。高い防水機能が搭載されていれば問題はありませんが、少々古めの時計や防水機能が十分でなかい時計では、ムーブメントに影響が出る可能性も考えてから拭きを心掛けましょう。

ストラップのメンテナンス

ストラップについてもメンテナンスする必要があります。まず皮革製では革製品専用のクリームなどを使用してストラップ表面の乾燥を防いで下さい。汚れは乾いた布などで優しく拭き取りますが、しつこい汚れが付着したら専用のクレンジングオイルを使用するとよいでしょう。金属製の場合は、使っている内に垢などがコマのすき間に溜まってしまうので、拭き掃除をしたり、中性洗剤を薄めたものを使用して洗いましょう。洗う場合はケースから取り外してから行って下さい。

パテックフィリップは結婚式やパーティー等のフォーマルシーンにうってつけの時計です。出来る男と思われることうけあいです。