どこで買う!?ペットを飼う時のおすすめ選択肢

基本的な購入ルートって?

ペットを購入するための方法は一つではありません。代表的な方法をご紹介しましょう。(ペットショップから購入する)多くの方が最初に思いつくのはペットショップではないでしょうか?ペットショップから購入する際のメリットは、気軽さ、種類の豊富さ、餌や備品を同時購入できる、一目惚れした子ができる可能性、などが考えられます。実際にペットショップから購入される方も多いことでしょう。デメリットとしては、比較的高単価、性格や特徴が判断しづらい、入手ルートが曖昧な場合がある、などでしょう。(ブリーダーからの購入)ブリーダーとは、特定の犬種や猫種を繁殖し、販売している方達のことです。ブリーダーから購入する際のメリットは、性格や特徴の見極めがしやすい、正しい知識を得ることができる、個体ルーツの透明性、などが挙げられます。デメリットは、ブリーダー施設が少ない、予約などの事前準備が必要、餌や備品は別途購入する必要がある、などが考えられます。(保護動物を迎える)保健所や保護センターなどで保護されている動物を譲り受けるという選択肢です。この方法のメリットは、子供や成体、純血種や雑種など選択が豊富、相性判断の期間がある、生体の購入費用は基本かからない、などです。対してデメリットとしては、誰でも譲り受けられるわけではない(団体ごとに条件がある)、保護前の生活環境の不透明性、などが挙げられます。

自分にマッチした選択を!

ペットを飼うとういことは想像よりも大変なことです。ペットがいることによって自身の行動に制約ができてしまうこともあるでしょう。ペットを購入する際は、購入ルートを精査し、自身のライフスタイルにあった選択を心がけましょう。

東京近辺のお住まいの方、ペットショップなら東京に多くあります。インターネットで簡単に近くの店舗を見つけることが出来ます。