【必見!】良いペットショップの見分け方とは

清潔な状態を保っているかチェックしよう

良いペットショップかを見分けるコツは、店内が清潔な状態であるかをチェックすることです。入店した時に、ツンとするような刺激臭を感じた場合は、ペットの尿の臭いである可能性が高いです。そういった臭いを感じるということは、ペットのトイレがきちんと掃除されていない証拠なので購入を控えましょう。また、清潔であるかを判断する材料は他にもあります。それは、トイレに便が残っていないかどうかです。トイレに便が長時間残っている状態は不衛生なだけでなく、ペットがトイレ以外の場所でも排泄をする可能性があり、それが習慣化してしまう場合があります。このような点に注目すれば、衛生的なペットショップであるか判断できるでしょう。

社会性を養おうと工夫をしているかを確認しよう

子犬や子猫には、社会化期(社会性を養う時期)というものが存在します。この時期に親や兄弟と交流すると、性格の良いペットになっていくと言われています。子犬の社会化期は4週齢頃から13週齢頃、子猫は2週齢頃から12週齢頃とされており、ちょうどペットショップで売られている時期と重なります。そのため、ショーケースの中できちんと多頭飼いしているところを選びましょう。1匹だけで飼育しているところは、ペットも将来的に問題児になっていく可能性があります。他のペット達と一緒にじゃれあったり、食事を共にしたりすることで、穏やかな性格のペットに成長していくことでしょう。また、色々な人から触れられているペットは人にも懐きやすいので、お客さんにペットを抱っこさせてくれるところも良いペットショップであると言えます。

ペットショップなら東京都で見つけることが出来ます。取り扱っているペットの種類が豊富ですし、ケージやペットフードなどのアイテムもそろっていますので、とても便利です。